« 早お迎え | トップページ | 6月から障害認定基準が改正されます① »

2013年5月13日 (月)

時間配分は難しい(+_+)

こんばんは

昨日は博多で飲んでいました
・・・で、またしても飲み過ぎて二日酔い
お陰で午前中は、重い体で仕事をしていました
でもまあ、楽しいお酒が飲めたからいいか
どこまでも自分に甘いワタクシです

さて、前回のメールで書いた通り、この前の土日は福岡で講義をしていました。
今回の担当教科は『社会保険に関する一般常識』。
受験生が苦手な部類に入る教科です
理解してもらえるように、図解したり具体例を出したり、実務での出来事をお話したりしました。
頑張ってアツイ講義をしてきました

・・・で、大きな反省が1つ(ちっちゃなのは勿論たくさんありますが)。
それは、終了時間を15分ほどオーバーしてしまったことです。

私も、色々なセミナーなどを受講することがあります。
その中でも時間より早く終わったり、逆にオーバーしたりすることもしばしば。

先ず早く終わる場合について。
無料のセミナーであれば、早く終わっても別に文句はありません。
しかし、有料の場合はそうはいかない
その分お金を返してくれる訳ではないので、結構不満が残ります。
以前受講したセミナー(それなりに高価なものです)で30分前に終わった時は、さすがにムカつきました
1~2分程度で文句をいうつもりはありませんが、いくらなんでも30分はないですよね~

逆にオーバーした場合はどうか?
中には「得をした」と思う方もいるかもしれませんね
以前受講したセミナー(先記のものとは別のセミナーです)では、
講師の方が「私のセミナーはボリュームがあるので、いつも時間オーバーしちゃうんですよね~」と、
自慢げに話をされていました。
でも、これって違うと思うんですよね。
その後に用事があるなどの場合は、最後まで話を聞けない可能性があります。

実際、そのセミナーの時も20分ほど時間をオーバーしましたが、
その途中で帰られた方が数名いました。
その方達は、やっぱり不満が残るのではないでしょうか?

昨日の話に戻りますが、終了予定時間が経過したとき、やっぱりソワソワされている方がいました。
県外から来られている方などは、電車や新幹線の時間がありますので当然ですよね。
その方に罪はありません。
(でも、最後まで講義を聞いておられました。感謝と申し訳ない気持ちで一杯です。)
私がきちんと時間通りに終わらせれば、その方に余計な心配を掛けさせずに済んだ訳です。

やっぱり時間はきちんと守らなきゃいけません。
その一方で、時間配分ってかなり難しいんですよね。
私が講義やセミナーで話をする時には、大体の予定時間を予め決めておくことにしています。
それでも、やっぱり配分ミスをしてしまうことがあります。
昨日のはその最たる例です

きちんと時間通りに終わる講義を心がけよう、講義後のビールを飲みながら、そう誓った博多の夜でした。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 早お迎え | トップページ | 6月から障害認定基準が改正されます① »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間配分は難しい(+_+):

« 早お迎え | トップページ | 6月から障害認定基準が改正されます① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ