« 風邪をひいてしまいました(+_+) | トップページ | 3ヵ月以内に入っていない場合でも〜障害認定日の診断書〜 »

2013年4月 7日 (日)

児童扶養手当④

こんばんは

昨日に引き続き風邪ひいています
そんな中、娘と温泉に行きました。
(どこか連れてってとのことだったので、取敢えず体の温まるところをチョイスしました
向かったのは熊本市佐土原にある、
天然温泉一休
ゆっくりお風呂につかって、2人でソフトクリームを食べて、クレーンゲームで遊んで、
それなりに楽しめた日曜日の昼下がりでした
明日も朝から面談が入っているので、それまでにはいい加減治さないとイカンですね

さて、『児童扶養手当』の4回目。
今回は具体例で示したいと思います。
※①~③の事例全て、父と母が入れ替わっても勿論OKです。

①父の障害年金受給権発生時に子の加算があり、母が児童扶養手当を貰っていない場合。

⇒このパターンが一番分かりやすいのではないでしょうか?

②父の障害年金受給権発生時に子の加算がなく、母が児童扶養手当を貰っている場合。

⇒要するに、障害年金受給権発生時には子供がいなかったが、後に生まれたというケースです。
平成23年3月までは障害年金の子の加算については受給権発生時にしか認めていませんでした。
それが、平成23年4月の法改正によって、
受給権発生後に生まれた子についても、子の加算が認められるようになりました。
(詳しくはこのブログ
『扶養手当が付くことがあります②』参照)

③父の障害年金受給権発生時に子の加算があり、
その後に生まれた子について母が児童扶養手当を貰っている場合。


⇒ちょっとややこしいですが、受給権発生時に1人以上子がいて子の加算がなされていたが、
その後に2人目以降の子が生まれて、
その子については母が児童扶養手当を貰っていたというケースです。
要するに、子の加算の対象になっていた子と、
児童扶養手当の対象になっていた子の2通り存在していたということです。

①~③のケースについて、1人目の額比較をすることによって、
その後の子はどちらを選択した方が有利かが決まって来るため、
下記の2つのケースに分けて考えることが出来ます。


ケース1)1人目が・・・児童扶養手当>子の加算の場合
     ⇒1人目は児童扶養手当、2人目以降は子の加算が支給されます。

ケース2)1人目が・・・児童扶養手当<子の加算の場合
     ⇒3人目だけが児童扶養手当、それ以外は子の加算が支給されます。


詳しくは
コチラをご参照下さい。

要するに・・・

1人の子に対して児童扶養手当と、
障害年金の子の加算の両方を受け取ることは出来ないということです。


このように、障害年金やその他社会保障制度には難解なルールが存在します。
もし良く分からないという方は、障害年金を専門とする社労士にご相談下さい。
私で良ければ
コチラからお願いします。
(電話でも構いません)



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 風邪をひいてしまいました(+_+) | トップページ | 3ヵ月以内に入っていない場合でも〜障害認定日の診断書〜 »

社会保障制度」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 児童扶養手当④:

« 風邪をひいてしまいました(+_+) | トップページ | 3ヵ月以内に入っていない場合でも〜障害認定日の診断書〜 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ