« 先天性疾患における初診日 | トップページ | 初診日とは認められないケース »

2013年3月20日 (水)

あんたの対応、間違ってるよ!【完結編】

Photo149602 おはようございます

だいぶ暖かくなって来ましたね
先日、熊本でも桜の開花宣言がなされ、
すでに見頃のところもあります
そろそろ花見という方も多いのではないでしょうか?
花見っていいですよね~
満開の桜の木の下でビニールシート広げて酒を飲む、
こんなことやってるのって日本だけですよね
今年は家族で行くかな(酒抜きですが)?

さて、昨日は大変嬉しいことがありました。
昨年障害年金の請求をしていた案件があったのですが、
無事、3年半遡りでの支給が決定しました
しかも、現在の状態を考えると遡りはともかく、
請求日から先は支給停止になるだろうなと思っていたのですが、
3年間の有期認定となりました(要するに、最低でもこれから3年間は支給されるってことです)。
予想以上の成果に、非常に嬉しく思っています

疾患名は【脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)】、かなり特殊な疾患です。
近年まで、その病気の存在すら認めないという医師が大半を占めていたというものです。
障害年金についても、昨年『認定が困難な疾患』として通達がなされていたほどです。

実は昨年の5月、某年金事務所に納付要件の確認に行った際に、
「これで障害年金の請求はすべきでない」と言われ、一悶着あった件です。
(詳細はこのブログ
『あんたの対応、間違ってるよ』参照)

特殊疾患ということで、請求にもかなり頭を使いました。
請求までも時間が掛かりました(約5ヵ月)。
はっきり言って大変でした。
・・・でも、苦労の甲斐もあり上手く行きました。

この窓口職員の傲慢な態度と明らかに越権行為の発言を聞いて請求を諦めていたら、
この結果には絶対に繋がっていません。

このブログをお読みの皆さま。
障害年金を請求するのはご自分の権利です。
勿論、明らかに要件を満たしていない場合は別ですが、請求するのは本人の自由です。
窓口職員にこれを拒む権利はありません。

・・・勿論、残念な結果に終わった場合に、
「受付の奴がきちんとチェックしなかったからだ」とか思ってはいけません。
窓口で審査を行う訳ではありませんからね。
彼等はきちんと書類が揃っているか、
納付要件はきちんと満たしているかをチェックするのが仕事ですからね。

今回のこの支給決定を聞いて『正義は勝つ!』ということを再確認しています。
(ちょっと大げさかな

10ヵ月かかった今回の案件ですが、最後に結果が残せて私も誇らしく思います。
そして最後に言わせて頂きます。

「あんたの対応、やっぱり間違ってるよ!」



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 先天性疾患における初診日 | トップページ | 初診日とは認められないケース »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

今月頭の某勉強会懇親会で名刺交換させていただきました田舎のCWです。
私も、某年金事務所の対応で憤慨したことがありました。

障害基礎年金2級受給者の方(生活保護者)の障害程度が、現況届(障害状態確認届)により障害厚生年金法3級該当となり、障害基礎年金受給が停止しましたが、この方は60歳代前半の老齢厚生年金の受給資格があったため、障害者特例による定額部分の支給指導をしようとしたところ・・・

① 直近の自らの裁定にかかわらず、再度、診断書提出の要求。
  受給者負担はどう考えているのでしょう?

②受給者の主治医が大病院の医師ため、診断書作成に時間が要す見込み。
  申請翌月からの改定のため、とりあえず、受付をお願いし、診断書後日提出を
  お願いすると、拒否されました。

③②について、以前時効期限が迫っていた障害基礎年金について一応の受付をしていただいたため、それをお願いしすると、「担当者によって対応が違います」との
 回答。(行政としてそれは、言ってはいけないだろう!)

 ③について、行政マンとしては非常に憤慨したところですが、年金事務所は、一般相談者への業務に影響が出るからと、生活保護調査に非協力的なこともあるので、今後のこと、他への影響等も考え矛を収めましたが、出るところに出たら問題となる発言です。
 ホントかどうかは知りませんが、聞くところによると、書類不備で受付けると処理に時間がかかるからとのこと。
 ご存じとは思いますが、公官庁は、一部書類不備があるとしても、申請意志がある場合は、書類を受け付けなければなりません。

 諸般の事情を考慮し今回は矛を収めましたが、御存じかとも思いますが、行政機関の苦情を受付ける機関とし管区行政評価局及び行政評価事務所等があります。(http://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/soudan_05.html
 あまりにもひどい、行政機関の対応には、御検討ください。
・・・年金事務所も国の委託をうけて業務を行っているはずでので、相談対象となると思います。(長文失礼)

田舎のCWさん、先日はお疲れ様でした。
そして、コメントありがとうございますm(__)m
私も日頃障害年金の相談を受けていますが、年金事務所で心ない発言をされたという話を何度も伺っています。
勿論、窓口職員全員がそうだとは思いません。
何人か知り合いもいますが、その方々は皆さん本当にいい方々です。
田舎のCWさんや私が出会った職員のせいで、他の方までもがそういう目でみられてしまうのは本当に残念なことです。

さて、田舎のCWさんの書き込みについてですが、機構側も何故、障害者特例の可能性のある受給権者の更新の際に、そのアナウンスを行わないのかが分かりません。
更新用の診断書を送る際に障害者特例の請求書と選択届を送付して、一緒に提出させるだけで済む話なんですけどね・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんたの対応、間違ってるよ!【完結編】:

« 先天性疾患における初診日 | トップページ | 初診日とは認められないケース »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ