« 認定が困難な疾患の認定事例 | トップページ | 入園式に行って来ました(*^_^*) »

2013年3月30日 (土)

餅は餅屋

おはようございます

昨日は朝から子供を病院に連れて行きました
前日から熱が38度くらいまで上がっていたからです
最近は寒暖の差が大きいですからね~、体調には気を使わないと行けませんね
そう言えばこの時期って、外出する時の格好って難しくないですか?
寒いと思って着込んで行ったら日中は汗ばむ程になったり、
かと言って薄着で行ったらひんやりと冷たい風が吹いたり
体調を崩しやすい季節です、どうかくれぐれもお体をご自愛下さいね

さて、昨日は障害年金の新しいご依頼を正式に受けることになりました。
新規の請求ではなく、再請求という形です。
ご自分で請求をされた際に医師から、
「これなら10人中10人が認定される」というようなお墨付きを戴いていたそうです。

・・・で、結果は不支給。
私が診断書の確認したところ、とてもそのようなお墨付きが貰えるような内容ではありませんでした。
詳しくは書けませんが、初診日が違っていれば支給されただろうというものでした。

医者は患者の病気を治すことを生業にしています。
その道に関してはプロです。
・・・しかし、年金に関しては全くの素人です。


「障害年金は3級までなので、手帳の4級の人はムリ」
「障害年金は少しでも収入がある人は貰えない」
「アルコール性肝硬変の場合は障害年金の対象外」


全て医者が言った言葉であり、そして、全てデタラメです。

どうしても「医者がそう言うから無理なんだ」と思うかも知れませんが、
そこに法的な根拠があるとは限りません。

餅は餅屋という言葉があります。
何事にもその道の専門家がいますので、その人に任せるのが一番という意味です。
そして、年金の専門家は我々社会保険労務士です。

逆に私なども医療に関する相談を受けることがあります。
その場合は私はプロではありませんので、
「主治医にご相談下さい」とか「セカンドオピニオンを求めるのもいいかも知れませんね」、
といった程度のアドバイスしか出来ません。
医療という事に関しては素人ですからね、その道のプロ(=医者)に相談するのが一番だと思います。
(勿論、自分に合った医者を探すのは大事ですけどね)

医者から障害年金は無理と言われた方であっても、
もしかしたら貰える可能性があるかも知れません。
諦めるのはいつでも出来ます。
先ずは障害年金を専門とする社会保険労務士にご相談下さい。
私で良ければ
コチラからお願いします。
(電話でも構いません)



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 認定が困難な疾患の認定事例 | トップページ | 入園式に行って来ました(*^_^*) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餅は餅屋:

« 認定が困難な疾患の認定事例 | トップページ | 入園式に行って来ました(*^_^*) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ