« メールでのご相談について | トップページ | 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ①) »

2012年12月 2日 (日)

公開肝臓病教室のお知らせ

2012120219250000_3こんばんは

今日は久しぶりに夕食を作りました
といっても、作ったのは『お好み焼き』(手抜きですね~)。
でも、嫁も娘も喜んで食べてくれました
そう言えば私が大学時代、
お金がない時はお好み焼きばっかり食べてました。
(酷い時は週6くらい
そういった意味では、
私にとってのソウルフードは『お好み焼き』なのかも知れませんね

さて、今回は公開講座のお知らせです。
再来週の土曜日に、国立病院機構熊本医療センターにて公開講座が開かれます。

詳細は下記の通りです。

『公開肝臓病教室 もっと知りたい肝臓の話~肝臓で広がる地域の和~』

日 時:平成24年12月15日(土)14時~16時(13時30分開場)
場 所:国立病院機構熊本医療センター 研修センターホール2F
     アクセスは
コチラをご参照下さい。
定 員:150名(先着)
参加費:無料
申込み:事前連絡が必要です。
     FAXまたはTELにてお申し込み下さい。
T E L:096-353-3515
F A X:096-352-5025

肝疾患については、
障害認定基準を読んでもなかなか障害等級の予想が難しいところがあります。
私も今回の講座には是非参加をさせて頂いて、
肝臓病についての知識を得たいと思っています。

肝疾患での障害年金を請求する際には、下記の点を注意する必要があります。


慢性肝炎は、原則として認定の対象としないが、
GOT(AST)、GPT(ALT)が長期間にわたって100以上の値を示し、
かつ、軽易な労働以外の労働に支障がある場合は3級とする。


慢性肝炎で障害年金の請求を考えられている方はご注意下さい。

また、診断書にはChild-Pugh(チャイルド・ピュー)によるgradeを書く欄があります。
これは、血清ビリルビン、アルブミン、腹水の有無、肝性脳症の有無、
プロトロンビン時間の5項目から肝臓の障害程度を評価するものです。
記載漏れがないように、必ず記載して貰うようにしましょう。
(ABCのいずれかに○を付けるようになっています)

それと、肝疾患の場合は、
『参考様式 肝臓の病気用』というアンケート様式の提出を求められることが多いです。
勿論、ウソ偽りなく書くことは当然ですが、診断書や申立書の内容との整合性も見られますので、
その点には細心の注意を払って書くようにしましょう。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« メールでのご相談について | トップページ | 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ①) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開肝臓病教室のお知らせ:

« メールでのご相談について | トップページ | 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ①) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ