« 谷間の障害年金① | トップページ | 忘年会 »

2012年12月12日 (水)

谷間の障害年金②

こんばんは

今日、このブログでも書いた”Vie Aimable”がオープンしました。
・・・で、義妹夫婦が行ってきたらしいのですが、
1時間待ちの大盛況だったとのことです
オープンということで、ご祝儀的な人気はあるとは思いますが、
それにしても凄いですね~
今度は試食じゃなくて、実際に買って食たいと思います
写真をアップしますので、お楽しみに

さて、『谷間の障害年金』の2回目。
今回はその要件を書きたいと思います。

下記の全てに該当する人は、請求することが出来ます。


初診日が昭和36年4月1日~昭和61年3月31日までの人のうち・・・

①初診日に公的年金制度に加入していたこと。
②初診日の属する月の前々月までに、
 公的年金に加入すべき期間の3分の2以上が、
 保険料納付済期間と保険料免除期間を併せた期間であること。
③他の障害年金を受給できないこと。


そして、支給されるのは障害基礎年金で、必ず事後重症請求を行うことになります。
(詳細はこのブログ
『事後重症請求』をご参照ください)

従って、下記の2点を確認しておきましょう。

①初診日に厚生年金加入だったとしても、障害基礎年金の請求を行います。
 よって、1級(983,100円/年)と2級(786,500円/年)しかありません。(3級はありません)
②事後重症請求ですので、遡りは出来ません。
65歳の誕生日の前々日までに請求を行う必要があります。

この法律が施行された平成6年当時は、
それなりにニュース等で報道もあったと思いますが、
それから既に18年が経過しています。

昭和61年3月までに初診日のある傷病により、
障害年金の請求を行おうとしたにも関わらず、
当時の保険料納付要件を満たしていないという理由で請求が出来なかった方は、お早めにご請求下さい。

また、この谷間の障害年金についてご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。
(返信フォームからのお問い合わせは
コチラからどうぞ)



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 谷間の障害年金① | トップページ | 忘年会 »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷間の障害年金②:

« 谷間の障害年金① | トップページ | 忘年会 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ