« 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ②) | トップページ | 両親との飲み会 »

2012年12月 7日 (金)

社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ③)

こんにちは

昨日Yahoo!ニュースを見ていたら、
小中学生の6.5%が発達障害の疑いありという記事が出ていました。
(詳細は
コチラをご覧ください)
学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、
高機能自閉症の3つについての調査結果だそうですが、
6.5%というのは、15~16人に1人の割合ですので、
相当に高い数字であることが分かります。
勿論その程度にもよりますし、また、成長とともに少しずつ障害が改善される部分もあります。
ただ、どちらにせよ周りの理解とサポートが必要であることは間違いないでしょう。
因みに、発達障害については、
平成23年9月から精神の障害認定基準に項目が加えられています。
(詳細は
コチラ(第8節/精神の障害 E発達障害)をご覧ください)
ご本人またはそのご家族で、
障害年金について良く分からないことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

さて、○○期間の残り3つについて見て行きましょう。

③算定基礎期間
同一の事業主の適用事業所に、被保険者として雇用された期間を言います。
ここで注意をして頂きたいのは、被保険者期間とは異なり賃金支払基礎日数は考慮しません。
単純にその会社に在籍していた期間というイメージで捉えて下さい。
したがって、途中に休職期間があっても構いません。
この期間が長いほど、
基本手当の所定給付日数(最大で何日もらえるかということ)が多くなります。

因みに、離職して次の職場に入社するまでの期間が1年未満であれば、
前後の期間を通算することが出来ます。
併せて覚えておきましょう!

④待機期間
求職の申し込みをした日後の通算7日間のことを言います。
以後ですので、求職の申し込みをした日を含みます。
それと、この期間は単純に職に就いていなければOKですので、
疾病または負傷のため職業につくことが出来ない日であっても構いません。
※因みに、私も以前、失業して基本手当を受給したことがあるのですが、その説明会の時に職安の人から、
 「遊んでいてもいいから、絶対にこの7日間はアルバイトなどもしないで下さい」と言われました

⑤受給期間
原則、離職日の翌日から1年間を言います(+30日と+60日の場合もあります)。
基本手当を受給できる有効期間だと捉えて下さい。
したがって、この期間を過ぎれば、たとえ基本手当の給付日数が残っていても受給することは出来ません。

また、妊娠、出産、育児などの理由で引き続き30日以上職業に就くことが出来ない期間がある場合には、
本人の申し出によりその日数分延長することが出来ます(ただし、離職日の翌日から4年が限度です)。
これを、受給期間の延長と呼びます。
また、60歳以上の定年に達したことによって離職した場合は、先ほどとは異なり、
特に理由がなくても、
1年を限度に希望する期間が延長されます。

いかがでしたでしょうか?
先ずはこれら5つの○○期間を、しっかりと頭に叩き込んで下さい。
その上でテキストを読むと理解が進みますよ。
因みに雇用保険の他の給付についても、基本手当の考えがベースになっているものが多く存在します。
最初にも書きましたが、先ずはこの基本手当にじっくりと取り組んで下さい。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ②) | トップページ | 両親との飲み会 »

社労士試験」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ③):

« 社労士受験学習ルーム(○○期間まとめ②) | トップページ | 両親との飲み会 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ