« ICD-10コードとは | トップページ | 不服申し立て① »

2012年11月10日 (土)

一夜明けて

おはようございます

今日から娘が音楽教室に通う事になっていたのですが、
なかなか準備をしてくれず夫婦で四苦八苦
バタバタと着替えさせて、たった今車に乗って行きました
ちょっとのんびり屋の娘、普段はいいのですが急ぎの時は困りますね

さて、今回のタイトルは『一夜明けて』。
昨日の社労士試験の合格発表にちなんでのものです。
(昨日は書けなかったので、このタイトルで今日書いています

合格率はここ10年間で最低の7.0%
まさに狭き門と言っていいでしょう、合格された皆さん本当におめでとうございます。

・・・で、今回のブログは惜しくも不合格になった方に是非読んで欲しいものです。

試験には合格と不合格しかありません。
残念ながら時の運というのも現実問題として存在します。
運がなかったという方も大勢いるのではないでしょうか?

また、この試験は科目毎の合格基準点が定められており、
1つでも下回ると即不合格というとても厳しいルール(いわゆる足切り)もありますよね。
そして、毎年選択式では救済が入るのですが、
今年は厚生年金の1科目だけでしたよね。

個人的な感想としては、社一(社会保険労務士法)が一番難しかったと思います。
社一の救済待ちという方はとても多かったのではないでしょうか?

一生懸命頑張った人ほど、悔しさも大きいものです。
私も1度、足切りにあって不合格になったことがあります。
あの時はとても悔しい思いをしました。
それと同時に、非常に落ち込みました
暫く凹んだあと、自問自答して、やっぱり絶対に合格したいという気持ちが湧いてきました。

それから一生懸命勉強して、翌年の合格に繋がりました。

いろんな本とかブログや掲示板などを見ていると、「早く気持ちを切り替えること」とか、
「ここまで来たら絶対に諦めないこと」とかいう記述や書き込みを見かけることがあります。

勿論それは正しい意見であって、それを否定する気は全くありません。
でもその前に、
自分
がどうしたいのかをしっかりと見つめ直す必要があるのではないでしょうか?

「絶対に社労士になりたい」「絶対に合格したい」という気持ちが湧いてこないのであれば、
暫く勉強から離れるのも一つの手だと思います。

「頑張れば合格できますよ」そう言葉をかけるのは簡単です。

でも、この試験って本当に大変なんですよ。
私もこの試験勉強に関しては、これまで生きてきて一番勉強したと言える位はやりました。
はっきり言って大変でした。
でも、最後までやれたのは「絶対に合格したい」という気持ちがあったからです。

以前このブログでも書きましたが、
試験が近付くにつれて精神的にもかなり辛くなります。
そこで諦める人も沢山います。

そうならない為には、やはり自分の中のブレない気持ちが大切です。

「暫くテキストとか見たくない」というのであればそれでもいいでしょう。
自分がその気になった時に戻ってくればいいだけです。
勿論、そういう気持ちになるのが数日後かも知れないし、数ヵ月後かもしれません。

でも、確固たる意志や覚悟が出来ていないうちに再スタートを切るよりは、全然いいと思います。

今年悔しい思いをされた皆さんが、そういう確固たる思いで再スタートを切ること切に願います。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« ICD-10コードとは | トップページ | 不服申し立て① »

社労士試験」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明けて:

« ICD-10コードとは | トップページ | 不服申し立て① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ