« 労災保険とは | トップページ | 労災隠し② »

2012年10月27日 (土)

労災隠し①

こんばんわ

今日から日本シリーズが開幕し、巨人が日ハムを8−1の大差で下し、
初戦を制しました
クライマックスシリーズを日ハムは4−0のストレートで、
巨人は4−3まで縺れ込んでいたのですが、
その分日本シリーズまでの期間が違っていることが要因かなと思うのですが。
(間隔が開くとやりにくいですからね
まだ初戦が終わったばかり、これからどんなドラマが待っているのか?
2戦目以降も期待したいと思います。
えっ、どちらを応援するのかって?
勿論、日ハムですよ

さて、今回は『労災隠し』について。
前回のブログで、労災保険を使わないことが労災隠しではないという所まで説明しました。

労災事故が起きた時には『労働者死傷病報告書』を提出しなければなりませんが、
この提出を故意に行わない、または虚偽の報告をすることを『労災隠し』と言います。
(因みにこの報告書は、事業主が所轄労働基準監督署へ提出することになっています。)

この提出をしないと労働安全衛生法違反となり、50万円以下の罰金が科されます。
また、それだけではなく、
場合によっては刑法上の業務上過失致死傷罪などに問われることもあるようです。

まあそこまで行かなくても、労災隠しで書類送検になったという報道がなされたら、
会社は対外的な信用を失う事になります。
(詳細は厚労省HP内『
労災隠しは犯罪です』参照)

会社が労災を使って欲しくなくて、治療や休業補償については健康保険を使って、
その差額分を会社が払うからと持ちかけてくるケースをお聞きします。
でも、これってそもそもがやってはいけない事なんですね。

労災保険は業務上(または通勤上)、
健康保険は業務外の負傷や疾病、障害、死亡について給付を行います。
要するに、そもそもの守備範囲が違うのです。
偽証行為の片棒を担ぐことになりますからね、そんな申し出には乗らないようにしましょう。

また、これも誤解の多いところなのですが、
労災保険の手続きは被災労働者自身が行う事になっています。
といっても、怪我をした体で手続きを行うのは大変ですので、
普通の会社であれば代わりに手続きをやってくれます。
何が言いたいかというと、会社が手続きをやってくれなければ、
労働者が自らやってもOKだということです。

因みに請求書には事業主の証明が必要ですが、
これを拒否された場合は空欄のまま労働基準監督署に持って行き、
その旨をそのまま伝えて下さい。
受け付けて貰えるハズです。

・・・ところで、何故事業主は、労災保険を使うのをそうまでして嫌がるのか?
続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 労災保険とは | トップページ | 労災隠し② »

労災保険」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労災隠し①:

« 労災保険とは | トップページ | 労災隠し② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ