« 身体障害者手帳と障害年金② | トップページ | 保険外併用療養費① »

2012年10月18日 (木)

診断書のフォーマットがダウンロード出来ます

こんばんわ

昨日、ちょっとショッキングな出来事がありました
2日ぶりのブログを1時間ほどかけて書いたんですが、
アップする前に消しちゃったんですね
皆さんもメールとかしてて、書いた文章を消しちゃったことってありませんか?
あれってショックですよね
それで心が完全に折れてしまって、
昨日は、もう一度書こうという気にはなれませんでした
ブログやメールだけではありませんが、
長くなる時はこまめに保存することが大切ですね

さて、今回のタイトルは『診断書のフォーマットがダウンロード出来ます』です。

前回のブログでも書きましたが、多くの医者にとって、
障害年金の診断書を書くのはかなり煩わしい作業です。
障害年金の診断書は、他のものと比べても書く欄がとても多いのです。
ぶっちゃけ、めんどくさいんだろうなと思います。

その為か、露骨に嫌がる医師もいます
「書くかどうかは私が決める事だ」そう豪語したセンセもいました

しかし、書いてもらわない事には申請ができません。
したがって、出来るだけ医者が書きやすいように配慮することが大切です。
(何だか媚びているようでイヤなんですが、
診断書は医者しか書けませんからね~。ここはグッと我慢しましょう

そこで、ダウンロードしたファイルを医者に渡して、
書きやすい環境を設けてあげるのも一つの手だと思います。
実際、私が医師に診断書作成の依頼をする時には、
紙媒体と電子媒体の両方の診断書をお渡しすることにしています。
要するに、書きやすい方を選んでくださいという訳です。

但し、フォーマットがあるのは精神と血液・造血器・その他の2種類だけです。
そして、それぞれexcelとpdfの2種類が用意されています。
日本年金機構HPからダウンロード出来ます)
そして、今後はダウンロード出来るフォーマットの種類も増やしていくとのことです。

関係ない話ですが、診断書は裏表で上下逆になっていますが、
申立書は同じ方向を向いています。
何故かは分かりません。
不思議ですね



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 身体障害者手帳と障害年金② | トップページ | 保険外併用療養費① »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 診断書のフォーマットがダウンロード出来ます:

« 身体障害者手帳と障害年金② | トップページ | 保険外併用療養費① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ