« 義妹夫婦との飲み会 | トップページ | 保険料後納制度② »

2012年9月29日 (土)

保険料後納制度①

こんにちは

昨日の事になりますが、
阪神タイガースの城島健司捕手が現役を引退する事を発表しました。
城島捕手と言えば、言わずと知れた日本を代表するキャッチャーの一人。
しかし、阪神では怪我に泣かされ、
ここ2シーズンは思うようなプレーが出来ていませんでした。
「やっぱり自分は捕手ですから。まだ野球が好きだというのが僕の誇りです。
ですから、捕手として、捕手のまま…引退します」
引退会見でのこの言葉が印象的でした。
好きな選手が引退することに、一抹の寂しさを感じています

さて、今日は保険料後納制度について書きたいと思います。
(もう少し早く書くべきでした、すんません

元々年金保険料は、2年間であれば遡って納付することが可能、
逆に言うと2年を超えた部分については納付することが出来ませんでした。
これが平成24年10月~平成27年9月までの3年間に限り、
過去10年間について納付することが出来ます。

これが保険料後納制度の概要です。

ただし、いくつか注意すべき点がありますので、
私が気付いた範囲で解説したいと思います。

年金の受給権取得のために納付することができること。
⇒以前、チラッと書いたことがありますが、
 老齢年金を貰うためには保険料を25年(300月)以上納めなければなりません。
 したがって、25年に満たない場合はこの制度を利用して、
 不足期間を埋めることにより老齢年金を受給する事ができます。
 ただしこの25年には保険料納付期間だけでなく、
 保険料免除期間および合算対象期間(カラ期間)を加えることが可能です。
※合算対象期間とは、25年要件を見る時には加えるが、
 年金額の計算をする時には加えないという取り扱いになっています。
 特に女性の方で、昭和61年3月までに婚姻期間があり、
 サラリーマンの旦那さんの扶養に入り、
 かつ任意加入していなかった期間については合算対象期間となります。

貰える年金額を増やすために納付することができること。
⇒25年要件を満たしている人であっても、
 将来貰える年金額を増やすために後納制度を利用することが出来ます(注1)。
 因みに1ヵ月分納めると、だいたい1,638円(年額)増えることになります。
※金額は今年度の老齢基礎年金の満額786,500円を基に算出。
 この額を多いと見るか、その程度と見るかは個々人の価値観で違うのではないでしょうか?
 因みに、1ヵ月分の保険料がだいたい15,000円くらいかかりますので、
 元を取るのに9年ちょっとかかります。
(注1)65歳以上の方については、年金額を増やすために納付することは出来ません。
   したがって、この制度を使えるのは300月になるまでの期間だけです。
   これを超える部分について納付することは出来ません。

老齢基礎年金の受給権者は対象外であること。
⇒老齢基礎年金を貰えるのは65歳からです。
 先記の通り、65歳以上の方については、
 年金額を増やすために納付することは出来ませんので対象外となっています。
 因みに、繰り上げによって65歳前から老齢基礎年金を貰っている方についても対象外となります。

・・・ちょっと長くなってきましたね
続きはまた次回書きたいと思います



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 義妹夫婦との飲み会 | トップページ | 保険料後納制度② »

年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険料後納制度①:

« 義妹夫婦との飲み会 | トップページ | 保険料後納制度② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ