« 失業保険(雇用保険の基本手当)⑥ | トップページ | 失業保険(雇用保険の基本手当)⑧ »

2012年9月 8日 (土)

失業保険(雇用保険の基本手当)⑦

こんばんは

U-20サッカー女子W杯、3位決定戦が行われ、
ヤングなでしこがナイジェリアを2-1で下しました
オリンピックの銀メダルに続く快挙本当に素晴らしいと思います
若い世代が活躍すると、近い未来フル代表が強化されます。
今後もなでしこジャパンから目が離せませんね

さて、失業保険の7回目(しつこくてすいません)、
今日は失業保険はいつまで貰うことができるかについて書きたいと思います。

「えっ、所定給付日数分は貰えるって、前回のブログで言わなかったっけ?」

それはそうなんですが、失業保険には貰える期限が決まっており(これを受給期間といいます)、
これを超えると、給付基礎日額が余っていても失業保険は受けることができません

じゃあ、受給期間っていつまでなの?

原則として、離職の日の翌日から1年間とされています。

例えば、平成24年8月31日に離職した場合の受給期間は、
平成24年9月1日~平成25年8月31日までということです。

また、この人が離職票が届いたにも関わらず職安に出頭せず、
暫く遊び呆けていたとしますね。
数ヵ月後、お金も尽きて職安に出頭して失業保険を受けることになりました。

ところが、所定給付日数が残っているうちに離職日の翌日から1年間が経過してしまったとすると、
それ以降は失業保険は貰えないということです。

失業したら、早く失業保険が欲しいので、
あまり上記のようなうっかりさんはいないと思いますが、
本当に勿体ないですからね、気をつけましょう。

ところで、この受給期間は、
妊娠、出産、育児、傷病、子の看護、一定のボランティア活動、家族の介護などの
やむを得ない理由によって引き続き30日以上職業に就くことが出来ない場合は、
最大4年間まで延長されます。
(受給期間が4年間という意味です)

この場合、上記の理由に該当して職業に就くことが出来なくなった日の翌日から1ヵ月以内に、
「受給期間延長申請書」を提出しなければなりません。
ここで注意をして貰いたいのが、妊娠や病気などは、
離職後暫くしてから判明することがあります。

要するに、この申請書は必ずしも離職してすぐに提出しなければならない、
ということではないのです。
求職の申し込み後、数ヵ月経過後であっても、
所定給付日数が残ってさえいれば延長申請をすることは可能です。

一方、定年等により離職した場合は、ちょっと扱いが違います。
先ず大きく違うのは、理由は問わないということです。
「定年退職したし、暫くは仕事から離れてゆっくりしたい」、
これでもOKです(というか、理由も聞かれません)。

ただし、離職日の翌日から2ヵ月以内に申請書を提出する必要がある点と、
延長期間は本人の希望する期間である点、
しかし、最大でも1年間しか延長することが出来ない点が大きく違っていますので注意しましょう。
(延長期間が1年間という意味です。
従って、原則、最大でも受給期間は2年間ということです)


・・・今回も長くなって申し訳ありません。

次回は、離職理由によって取り扱いがどう変わるかについて書きたいと思います
(次回でこのテーマは終わりです



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 失業保険(雇用保険の基本手当)⑥ | トップページ | 失業保険(雇用保険の基本手当)⑧ »

雇用保険」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失業保険(雇用保険の基本手当)⑦:

« 失業保険(雇用保険の基本手当)⑥ | トップページ | 失業保険(雇用保険の基本手当)⑧ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ