« 無料相談について(面談) | トップページ | Facebookについて »

2012年9月25日 (火)

知的しょうがいについての勉強会が開かれます

こんにちは

今日は朝から娘を保育園に連れて行ったのですが、
着いた途端泣き出してしまいました
保育園に預け始めた頃は良くあったのですが、
最近では殆どそういうことはなくなってたんですけどね~。
何か気に入らない事でもあったのでしょうか
出来れば、皆と楽しく過ごして欲しいものですね

さて、今回は情報提供をしたいと思います。

10月11日(木)19:00~機能病院内地域交流館ホールにて、
第4回目の青空学習ルームが開かれます。
(機能病院までのアクセスは
コチラをご参照ください



旅のよろこび・青空学習ルーム(第4回)
【日時】平成24年10月11日(木)
【場所】熊本機能病院 地域交流ホール
【講師】熊本市手をつなく育成会 西氏
【費用】500円
※事前の申し込みが必要となりますが、詳細は
旅のよろこび社HPにてご確認ください。

ちなみに、知的障害についても障害年金の対象となっております。
(障害認定基準については、
コチラのD知的障害をご参照ください

知的障害者の場合、社会福祉施設、就労支援施設等で働くことも多いのですが、
雇用契約を締結した上で、
民間会社での一般就労をすることもないわけではありません。

しかし、どのような就労形態であっても、
何らかの援助、配慮のもとで就労していることになります。

障害認定基準には


『労働に従事ていること をもって、直ちに日常生活能力が向上したものと捉えず、
現に労働に従事している者については、その療養状況を考慮するとともに、
仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、
他の従業員との意思疎通の状況等を十分確認したうえで日常生活能力を判断すること』


とあります。

※上記の『 』は、平成23年9月1日に改正された点です。
(詳細は
障害認定基準をご参照ください。

つまり、それまでの認定においては、知的障害者については、
単に就労しているということだけで、2級認定は不可、
というおかしなことをやっていたところがあり、
それでは実態を正確にとらえているとは言い難いことから、
昨年の障害認定基準の改正が実施されることになったわけです。

とはいっても、今後についてもケ-スバイケ-スで判断されることになりますので、
社会福祉施設で簡易作業を行っているからといって、
無条件で2級認定可、ということにはなりません。
あくまでも総合的に判断がなされることになります。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




« 無料相談について(面談) | トップページ | Facebookについて »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知的しょうがいについての勉強会が開かれます:

« 無料相談について(面談) | トップページ | Facebookについて »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ