« 保険料免除制度~そのメリット①~ | トップページ | 魚釣りに行ってきました! »

2012年8月 3日 (金)

保険料免除制度〜そのメリット②〜

こんばんは

毎日暑い日が続いていますね
昼間暑いのはまだ許せるのですが、何故、夜でもこんなに暑いんでしょうか?
私が子供の頃(30年ほど前)は、昼間は暑くても、夜は少しは涼しかった気がするのですが・・・
やっぱり、温暖化が進んでいるということでしょうね

さて、今日は保険料免除制度〜そのメリット〜の2回目。
障害年金、遺族年金のメリットについて。

先ず障害年金から。
障害年金には保険料納付要件というものがあります。
これは読んで字の如し!保険料をちゃんと納めているかどうかを見るものです。
具体的には下記のとおりとなります。

初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの…

 

原則:加入すべき期間に、保険料納付済期間と保険料免除期間を併せた期間が
   3分の2以上であること。(未納期間が3分の1未満であること)
特例:直近の1年間に、
   保険料納付済期間または保険料免除期間以外の期間がないこと。
(未納期間がないこと)

※保険料納付要件についての詳しい解説は、ブログ
『保険料納付要件』をご参照ください。

原則も特例も、保険料免除期間を含んでいますよね?
要するに、両方とも要件に含めて考えていいということです。

一つの事例を考えてみます。

21歳の時に交通事故に遭い、
障害等級に該当する程度の重い障害が残ってしまった3人の方(現在23歳)がいたとします。


Aさん:「20歳から漏れなくきちんと保険料を納付していました。」

Bさん:「20歳から保険料は払っていませんが、学生納付特例による免除を受けていました。」

Cさん:「今まで保険料は払ったことがありません。免除申請もしていませんでした。」


この場合、Cさんだけが保険料納付要件を満たさないという理由で、
障害年金が支給されることはありません。

Cさんについても、20歳になったときに、
お住まいの市町村役場もしくは大学の学生課等の窓口で免除申請をしていれば、
AさんやBさんと同じように障害年金を貰う事ができたハズです。

今回の事例も私が考えたフィクションですが、あり得ない話ではありませんよね?

次に遺族年金についてですが、
保険料納付要件を問う場合と問わない場合がありますので、問う場合について説明します。
この場合も障害年金と同様の保険料納付要件を求められることになります。
(遺族年金の保険料納付要件については、初診日を死亡日に読み替えていただけるとOKです。)

以前からこのブログの中でも何回も書いていることですが、

未納と免除は全く違います!

経済的なご事情等により保険料を納めることが難しいという方、
是非これらの免除制度をご活用ください。
お知り合いの方やご友人でそのような方がおられる場合は、
是非勧めてください。

そうしないと、大変なことになりますよ

※詳細につきましてはお住まいの市町村役場の国民年金課にでもお問い合わせください。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« 保険料免除制度~そのメリット①~ | トップページ | 魚釣りに行ってきました! »

年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険料免除制度〜そのメリット②〜:

« 保険料免除制度~そのメリット①~ | トップページ | 魚釣りに行ってきました! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ