« 保険料免除制度 | トップページ | 保険料免除制度~全額免除~ »

2012年7月24日 (火)

保険料免除制度~法定免除~

こんにちは

今日は障害年金の請求書を2件提出して来ました。
実は、2件とも当初の予定より遅れての提出となってしまいました。
(片や1ヵ月遅れ、片や2ヵ月遅れ
詳細については書きませんが、この制度の認知度が低いこと、誤解が多いことなどから、
医療関係者などの協力を得られない場合もあるんですね。
もちろん、早く出した方が結果が出るのも速いし、特に事後重症の場合は、
請求月が1ヵ月遅れると1ヵ月分の不利益が出てしまいます。
それでも中途半端な状態で出して、不支給決定を受ける訳にはいきません。
ご依頼者様と話し合いの上、ベストな状態での提出を行っています。

さて、今回は保険料の法定免除について。

これは、保険料の納付が著しく困難になるであろう一定の要件に該当した場合に、
本人の意思に関わらず自動的に支払いを免除するというものです。

具体的には下記の要件に該当する場合がこれに当たります。

①障害基礎年金、障害厚生年金
 または傷害共済年金の受給権者
(1級または2級であるものに限る)、
 旧法による障害年金の受給権者。
②生活保護法による生活扶助(一般に言う『生活保護』のことです)
 またはハンセン氏病問題の解決の促進に関する法律による援護を受けるとき。
③国立ハンセン氏病療養所等、国立保養所等に入所しているとき。

上記の要件に該当した場合、申請の手続きを取ることなく、法律上当然に免除となります。
しかし、
届け出はしなければなりません

何故かというと、国はそのことを知らないからなのです
・・・でも、届け出をしなくても、例えば障害基礎年金の2級であれば、
届け出という手続きも省いてくれてもいいと個人的には思うんですけどね~。

因みにこの届け出に時効はありませんので、届け出が遅れて何年も経過していたとしても、
その事由に該当した日に遡って免除となります。

先ほど『申請』という言葉を使いましたが、
法定免除以外に『申請』をして初めて免除となるものもあります。

これについては、また次回




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« 保険料免除制度 | トップページ | 保険料免除制度~全額免除~ »

年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険料免除制度~法定免除~:

« 保険料免除制度 | トップページ | 保険料免除制度~全額免除~ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ