« 保険料免除制度~多段階免除~ | トップページ | 保険料免除制度~若年者納付猶予~ »

2012年7月31日 (火)

保険料免除制度~学生納付特例~

こんばんは

毎日オリンピック観戦で、寝不足だという人も多いのではないでしょうか?
私はというと…、結果をニュースで見る程度で、リアルタイムでは殆ど見ていません。
最近ちょっと忙しくて、ブログ更新さえも疎かになっています
何とか頑張って、サッカーの決勝トーナメントくらいはリアルタイムで見たいと思います

さて、今回は学生納付特例について。
俗に『学生免除』とか言われるアレですよ。
学生と名がついているとおり、学生等である必要があります。

その具体的な範囲は下記の通りとなっています。

学校教育法に規定する高等学校・中等教育学校
大学・短期大学・高等専門学校・特別支援学校・専修学校等の
生徒または学生のことをいう。これらは定時制、夜間制、通信制の学生等を含む。(令6条の6)

上記に当てはまる学生等が、さらに下記のいずれかの要件を満たす場合に、
申請することによって保険料が免除されます。

①前年の所得(1~3月分の保険料については前々年の所得)が、次の額以下であるとき。
 
118万円+(扶養親族等の数)×38万円
②生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けるとき
(医療扶助、教育扶助など)。
③地方税法に定める障害者または寡婦(未亡人のことです)であって、
 前年の所得が125万円以下であるとき。
保険料を納付する事が著しく困難である場合として、天災その他の厚生労働省令で定める事由があるとき。

※②~④については、全額免除の該当事由と全く同じです。

因みに①でいうところの所得とは、本人の所得を指します。
世帯主等の所得は関係ありませんので、自宅から通っている大学生であっても、
本人が上記事由に該当する限り、学生納付特例制度による保険料の免除が受けられます。

それともうひとつ補足なのですが、
年齢は問いません。

一度社会に出たあとに、自分が行きたい道または学びたい道が見つかり、
大学などに入りなおす方もいますが、
そういう方であってもこの制度の免除が受けられますので、是非ご利用ください。

また、申請はお住まいの市町村役場だけでなく、
通われている大学等でも出来るところがありますので、
皆さんの大学等の事務の窓口にお問い合わせください。

今回は学生納付特例について説明しました。
次回は30歳未満の若い方を対象とした免除制度について書きたいと思います




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« 保険料免除制度~多段階免除~ | トップページ | 保険料免除制度~若年者納付猶予~ »

年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険料免除制度~学生納付特例~:

« 保険料免除制度~多段階免除~ | トップページ | 保険料免除制度~若年者納付猶予~ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ