« 保険料納付要件 | トップページ | 猫ひろしについて »

2012年5月 9日 (水)

障害認定日要件

こんばんは

今日はお昼に海鮮丼をいただきました
500円というナイスなコストパフォーマンスでそれなりに旨かったのですが、
気づいた事が1つありました。
それは、丼の色が『白』だったことで、ビジュアル的に全く旨そうに見えなかったんですね。
普段、器の色とか全く気にしないタイプなのですが、
色でこんなに受ける印象が違うんだなと。
…安いランチ相手に文句言ってる訳じゃないですよ

さて、今日は『障害認定日要件』について。
これは、先に説明した初診日から、原則1年6カ月後の障害の状態を見るものです。
その日を障害認定日と呼び、この時に一定の障害状態にあると認められると、
その翌月から障害年金が支給されます。

障害の状態は1~3級で表します(1級が1番重い)。
※障害基礎年金は1・2級しかありません。
3級でも『労働に著しい制限を受けるか、
または労働に著しい制限を加えることを必要とする程度』ですので、
一定の障害状態とは、かなり重い状態であることが分かりますよね。

また、初診日から1年6カ月後の状態を見ますので、
病気などで一時的に状態が悪くなった程度では支給されません。
先ほど、原則1年6カ月と書きましたが、それ以前でも障害認定日とされるケースもあります。

例えば、人工透析を開始して3ヵ月経過した日や、
心臓ペースメーカーを装着した日などがこれに当たります。
こういった場合は、1年6カ月より前であっても、その日が障害認定日となります。
(これを障害認定日の特例と呼びます。他にもありますが、詳しくは
コチラをご覧ください。)

これまで説明した3つの要件(初診日要件、保険料納付要件、障害認定日要件)全てを満たさないと、
原則として障害年金は支給されません。(一部例外はありますが。)
それぞれの要件について、審査は厳格に行われます。

そこに同情は一切ありません。
どんなに経済的にお困りだろうと、どんなに状態が悪かろうと、
その障害が原因で離婚、家庭崩壊、破産…。
要件を満たさないと障害年金が支給されることはありません。

現在、国民年金保険料の納付率は年々低下傾向にあります。
もちろん、これは旧社会保険庁の問題や国の責任によるところも大きいのですが。
怖いのが、これによって保険料納付要件を満たせない方が増えることです。

もし、このブログを読んでいる方で国民年金保険料を払っていない方。
万が一に備えて支払ったほうがいいですよ。

また、経済的な理由で支払えないという方。
保険料免除制度がありますので、是非利用してくださいね。

『免除』と『未納』には雲泥の差がありますので。
詳しくは各市町村役場へお尋ねください。
(昨日も同じ事書いてあったよ!と思わないでくださいね。とても大切な事なので。)




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« 保険料納付要件 | トップページ | 猫ひろしについて »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害認定日要件:

« 保険料納付要件 | トップページ | 猫ひろしについて »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ