« 赤ちゃん返り | トップページ | 初診日とは »

2012年5月 4日 (金)

障害年金とは

こんばんは

今日はボウリング大会でした。
これは、友人たちと年4回開催しているもので、
毎回和気あいあいと勝負を楽しんでいます。
トロフィーには、歴代優勝者が書かれたリボンが結びつけられていますが、
今回で15本目となりました。
(要するに15年目ってことです
残念ながら今回優勝は逃しましたが、楽しいひと時でした
こういう『仲間』の存在って貴重ですね
いつまでも、馬鹿騒ぎの出来る友人たちを大切にしていきたいと思います。

さて、今回は『障害年金』について書きたいと思います。

これは、病気や障がいのために、
日常生活や労働に著しい制限を受けるような場合に支給される公的年金です。
障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金の3種類があり、
初診日と呼ばれる日において加入していた年金制度によって、
請求できる障害年金の種類が異なります。
※障害基礎年金には若干例外があります。

制度自体はとても優れているのですが、その仕組みやルールが複雑かつ難解なため、
ご自身での手続きは困難を極めるのが現実です。

(詳しくは
コチラをご参照ください。)

また、誤解がとても多いのです。
医療関係者などでもあまり詳しくない方は多い(というか、大多数)ですし、
ルールが難解なため、役所の窓口でも、間違った事を言われるケースも少なくありません。

例えば、アルコール性肝硬変にかかり、障害年金の請求手続きをするとしますね。
そこで主治医に、診断書を書いてほしいとお願いしました。
ところが「アルコール性肝硬変の場合は障害年金の対象とはなりませんよ」と言われました。
あなたならどう思いますか?
「医者がそういうのなら無理なんだ」と諦めてしまうのではないでしょうか?

この例は、ある実話を基にしております。
そして、この医者が言った事は、全く根拠のないデタラメです。
先ほども書きましたが、仕組みやルールが難解なため、誤解が非常に多いのです。

『うつ病』では貰えないと思っている方も多いのではないでしょうか?
近年、『うつ病』などの精神疾患での請求件数が特に増えています。
実際、障害年金の支給件数のうち、
全体の4分の1が『うつ病』や『統合失調症』などの精神疾患で占められています。

ほとんどの傷病に対応しているとお考えください。

因みに請求するには、原則として下記の3つの要件を同時に満たす必要があります。


①初診日要件
②保険料納付要件
③障害認定日要件


それぞれの詳細については、また次回以降にお話ししたいと思います。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« 赤ちゃん返り | トップページ | 初診日とは »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害年金とは:

« 赤ちゃん返り | トップページ | 初診日とは »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ