« あんたの対応、間違ってるよ! | トップページ | 年次有給休暇④ »

2012年5月17日 (木)

年次有給休暇③

こんばんは

今日は久しぶりにキス釣りに行きました
あんまり釣れなかったけど楽しかったです。
釣れたお魚さんたちは天婦羅でいただきました
いや~旨かった、キス天最高!
3歳の娘も喜んで食べました
今度は一緒に行こうね

さて、今日は年休の3回目。
労働者から年休の申し出があった場合、使用者は拒めないんでしたよね。
でも、どうしても休まれちゃ困るという場合。

例えばケーキ屋さんにて
男性従業員(21歳、独身、チャラ男)から、

「クリスマスイブは彼女と過ごすんで、休んでもいいっスか?」

と言われたとします。

ケーキ屋さんにとってクリスマスというのは、1年で最も忙しい時期ですよね。
1人でも欠けると、クリスマス時機の店の運営にも支障をきたす、
まさに「猫の手も借りたい」状態です。
どう考えても休まれちゃ困る
拒んでもいいかというと、法律上拒む事は出来ない事になっています。
じゃあ、どうすんのか?

事業の正常な運営を妨げる場合のみ、年休取得日を指定することが出来ます。
これを時季変更権といいます。
(社労士受験生の皆さん、用語は正確に押さえましょう!)
具体的には、

「クリスマスは人手が足りないので、12月26日に休んでくれる?」

といったものです。

ただし、この時季変更権を使えるのは
事業の正常な運営を妨げる場合に限ります。
そう簡単には使えないんですね

因みに時季変更権の「時」は「時」ではないんですね。
季とは季節の季なんですよ。
これは、ある程度の期間を意味しています。
年休というのは、外国でいうところの「バカンス」なんですね(←あくまでも国の理想)
でも、現実問題、なかなか長期の休みって取れないですけどね




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« あんたの対応、間違ってるよ! | トップページ | 年次有給休暇④ »

労働基準法」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年次有給休暇③:

« あんたの対応、間違ってるよ! | トップページ | 年次有給休暇④ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ