« 年金あれこれ | トップページ | 知らないと怖い年金② »

2012年4月24日 (火)

知らないと怖い年金①

昨日は、年金は大きく3種類存在する事と、
それぞれ請求しない限り支給されない事について書きました。

では、具体的にどう損をするのかについて書きたいと思います。

例えば、ある女性の方がいたとします。
旦那さんは会社勤め、1歳の子がいたとしましょう。
ある日、旦那さんは交通事故に遭い、お亡くなりになってしまいました。

この場合、一定の要件を満たす事により、
この女性に『遺族年金』を貰える権利が発生します。
そのことを知らないまま15年の月日が過ぎました。
そこで遺族年金の存在を知り、急いで請求をしました。

この場合どうなるか?

年金は請求しないと貰えないんでしたよね?
いくら権利はあっても、請求しないとくれないんですよ
(何だか奇弁みたいですが、事実そうなんですね・・・。)
ということで、この方にはこれまで年金は全く支払われていませんでした。

・・・で、請求したことにより、過去の分も遡ってくれるかというと、
認めるのは5年間だけです
仮に、年間120万円が支払われるとすれば、5年間の遡りの年金600万円は貰えます。

しかし、それ以前の10年間は遡れません。
この間に貰えるハズだった年金額は・・・、

 

120万円×10年間=1,200万円!

知らないだけでこんなにも損をしちゃうんですね

この方の場合、急に旦那さんが亡くなられて、
経済的にもかなり苦労をされたことと思います。
当時から知っていれば、経済的にも少なからず助かったのではないでしょうか?

この事例はあくまでもフィクションですが、あり得ない話ではないですよね?
怖いですが、こういうルールなんですよ

明日ももう1例挙げたいと思います。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com





« 年金あれこれ | トップページ | 知らないと怖い年金② »

年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知らないと怖い年金①:

« 年金あれこれ | トップページ | 知らないと怖い年金② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ